膝の黒ずみの原因って何?

膝の黒ずみの原因のほとんどは、外部からの刺激を受け続けることによってできた色素沈着であるといえます。
膝周辺の肌の色がくすんでしまい茶色っぽくなっている女性は意外と多いものです。
せっかくすてきな洋服やアクセサリーなどを身につけていても、黒ずんでいると台無しになってしまいます。
しかしそれに気づいていないという人は非常に多いものです。
普段まじまじと見る部分ではないため、ついケアを怠ってしまう部分でもあります。

膝だけでなく関節のある部分は、動かすために皮膚が伸縮し黒く見えやすい状態になっています。
しかし真っすぐ伸ばした状態のときでも、肌と明らかに違う黒や茶色っぽい色であるならば、それは黒ずみであるといえます。
肌は紫外線を浴びたり外部から刺激を受けることが原因で、メラニン色素がたくさん製造されます。
これが解消されずに積み重なることで、色素が沈着し黒ずみになってしまうのです。

また膝は体の中でも皮脂腺が少ない部分であるため、皮脂や汗がほとんど出ない部位です。
あまり潤ってない部分であるため、刺激に対して弱いと言えるでしょう。
弱い部分であるのに、膝をついたり、窮屈なジーンズをはいたり、足を組んだりと、日常生活の中でこすれる動作の積み重ねが原因となり、色素沈着を起こしてしまうのです。

00001

膝の黒ずみって摩擦のせいなの?

顔にできる肌トラブルには、シミやそばかす、毛穴の黒ずみなどがあります。
これらの主な原因に紫外線をあげることができます。
紫外線をたくさん浴びて日焼けをしてしまうと、肌の中のメラニン色素の量が多くなってしまいます。
肌のターンオーバーが間に合わず、メラニン色素が定着してしまうことでシミやそばかなどの症状があらわれます。
けれど、肌が黒ずむ箇所には脇や膝、お尻などもあげられます。
こららは紫外線をあまり受けない部位なのに、なぜ黒ずんでしまうのか。

それは、衣服などによる摩擦が刺激になるからです。
肌は刺激を受けるとメラニン色素を生成して、刺激から肌を守ろうとします。
この刺激は紫外線だけではなく、洗顔の時の指の圧力や外気、ムダ毛の処理にかかる負担や摩擦も含まれるので気を付けましょう。
膝にできた黒ずみをケアするには、スカートやズボンによる摩擦を減らすのが効果的です。

肌に密着するタイプの服を避けたり、肌に優しい素材を選ぶことがポイントになってきます。
さらに膝の皮膚は厚くなりやすい箇所なので、そのぶん肌が黒く見えてしまいます。
これを防ぐために、定期的にピーリングするのもおすすめです。
肌は乾燥すると厚くなりやすいので、意識して保湿ケアを行うことも黒ずみ改善に効果的です。

00002

膝の黒ずみにワセリンって効くの?

膝の黒ずみをワセリンで解消するのは、少し難しいものがあります。
なぜなら、ワセリンには美白効果はないため、出来てしまった黒ずみを軽減する作用はありません。
しかし、膝の黒ずみを予防する効果はあるので、ワセリンを塗ることによるメリットもあります。

膝は、他の部分と比べて皮脂や毛穴が少なく、角層が分厚いため、摩擦や圧力、乾燥によって黒ずみが起こります。
洋服に触れたり、床に膝をついたりすることで摩擦や圧力を受けると、角層がさらに分厚くなり、乾燥しやすくなります。
そうすると、肌のバリア機能が低下し、ダメージを受けやすくなるため、黒ずんでしまうのです。

ワセリンは、肌に塗ると肌の深層に浸透するのではなく、肌の表面にとどまります。
そのため、肌の表面に薄い膜を作り、水分の蒸発も防いでくれるため、摩擦や乾燥から肌を守れます。
それゆえ、黒ずみを予防できるのです。
しっとり潤った肌は肌のターンオーバーも正常に行われるため、肌が新しく生まれ変わります。
徐々に、美しい肌に近づいていくでしょう。

ワセリンは、赤ちゃんの肌にも使えるほど刺激が少なく、副作用の心配もない安心できるクリームです。
膝に悩みを持つ人は、一度試してみてはいかがでしょう。

00003

膝の黒ずみに重曹は効果があるの?

膝の黒ずみには、摩擦を避けることや保湿すること、古い角質を取り除くことの3つの方法が効果的で、古い角質を取り除くときには、重曹を使うことが効果的です。
関節は、動かすために皮膚が伸び縮みするので、黒っぽく見えることが多いのですが、のばした時にも黒く見えるようなら、ケアが必要です。
皮膚は、紫外線を浴びたり、刺激を受けることでメラニン色素をたくさん作って皮膚を守ろうとします。

皮膚の中の色素が蓄積することで、色素沈着がおこり黒ずみになるのです。
特に、膝は、皮膚が薄く、皮脂腺も少ないので、皮脂や汗がほとんど出ません。
潤いが少ない部分なので、刺激に対して弱く、関節なので皮膚の伸び縮みが激しいので、黒ずみがおこりやすいのです。

皮膚が乾燥することで、毛穴周辺の皮膚まで硬くなり、毛穴が詰まるようになってくるので、黒ずみが気になる膝には、重曹でのケアが効果的です。
重曹を手にとってぬるま湯でペースト状にしてから、膝に付けてくるくるとマッサージをするだけの簡単な方法で、膝の古い角質を取り除き、なめらかにする効果があります。
毛穴のつまりも少しずつ軽減されてくるので、肌が柔らかく、潤いやすくなります。
重曹でマッサージした後には、保湿をしっかりすることで、メラニン色素の蓄積を防ぐ効果が期待できます。

00004

尿素で改善できるの?

膝に黒ずみができてしまい悩む女性は多くいますが、実は尿素配合クリームが効果的なのをご存知ですか。
そもそも膝の黒ずみの原因は刺激によって生じたメラニン色素です。
膝はそんなに刺激を受けるイメージがありませんが、衣類による擦れや頻繁に膝立ちなどをしていると、それが刺激となってしまいます。
そして刺激を受けやすい肌はターンオーバーが乱れている場合が多くあります。
すると角質にメラニン色素が沈着してしまい、黒ずみとなってしまうのです。
このような黒ずみ改善に効果的なのが尿素配合クリームです。
尿素には硬くなってしまった角質を柔らかくする効果があります。

そのため肌のターンオーバーを促し、色素沈着した角質を落としやすくする効果があるのです。
また、尿素には保湿効果もあります。
そのため外部刺激から肌を守り、メラニン生成を抑制する効果も期待できるのです。
このように膝の黒ずみ解消には尿素配合クリームが効果的です。
しかし、肌のターンオーバーを促すには時間がかかります。
そのためこの改善策には即効性はなく、効果を得るためには辛抱強く毎日塗り続けることが必要です。
また、保湿クリームといっても刺激が強いので敏感肌の方は注意が必要です。

00005

黒ずみ関連のサイトを掲載

ここでたくさん説明した膝の黒ずみですが、黒ずみに関する情報というのはもっともっと多いんですね。
参考になるサイトを1つ掲載しますので、お時間があるときにちょっと見てみるとより黒ずみについて理解することができるかもしれません。